納得のケータリングカーならレンタルで決まり

すでに屋台村みたいに、おおくのケータリングカーがランチタイムやデイナータイムに集まっている所で売れるかを確認する必要があるでしょう。
この十分な検討なしに、大多数の費用がかかるケータリングカーの改造を行なうのは危険です。
さらに、ケータリングカーという移動の自由度がある販売方法だからといって、どこで売るのかということを開業前に決めてないというのも危険ですね。
すでに販売をされている料理やケータリングカーの特色を分析して、どのような料理・販売スタイルならば、自分の売上を増やしやすくなるのかを様々な視点からの検討が重要です。
おおくのケータリングカーが集まってるということは、お客様の集客には良い点があるのですが、各車間の競争が厳しくなるという短所もありますよね。
自分のみでは考えつかない、新しいビジネスアイディアのヒントを得る良い機会になるかもしれませんヨ。

 

もし、自分だけで分析・検討をする事がむずかしいというわけであれば、ケータリングカー業界のマーケティングのコンサルタントにチョット相談してみるというのも一つの方法かも知れませんね。
アナタは、どういった料理を、どのような形で、どのような人達に、どのタイミングで販売をしたいと思いますか?